スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
食べる順番
みなさんは、食べる順番を意識されていますか?

「いただきます」をしてから一番にお箸をつけるのはどのメニューでしょう?

主食・主菜・副菜・汁物とあればどれから食べると食べすぎを防ぐことができるでしょう?

できれば、副菜や汁物から先にとると主菜や主食の摂りすぎを防ぐことができます。

副菜に含まれる野菜や海草、きのこ類は、食物繊維が豊富なので急な血糖値の上昇を避けることができます。また、汁物でお腹が膨らむので食べすぎを防ぐことができます。

食事量を急に減らせないと悩んでいる方は、食べ方をかえてみてはいかがでしょうか?

もちろんしっかりと噛んで食べることもお忘れなく…
[2009/07/18 20:18] | メタボリックシンドローム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ランチをお弁当にしてメタボ解消
みなさんは昼食をどのように摂っていますか?家にいる人は、「前日の残りもので済ませる」とよく聞きます。お勤めの方はいかがでしょうか?外食?お弁当を買ってくる?お弁当を持っていく?

今日ご紹介するのは、40代~50代の男性のためのお弁当です。

VFSH0015.jpg
メニューは    五穀米ご飯 鮭のみそ焼き  牛肉のピリ辛煮  スナップえんどうの変わりあえ かぼちゃの茶巾絞り 野菜の焼き浸し 切干大根サラダ プルーンの紅茶煮

栄養のバランスがよく、彩りもよいお弁当です。エネルギーは、672kcalです。

ポイントは、塩分控えめ、歯ごたえのある食材、切り方を工夫する。

外食が多い人は、このようなお弁当にしてみてもいいですね。

このメニューを提案されたのは
明石市在住の管理栄養士  湯川佐起子さんです。





[2009/06/28 21:44] | メタボリックシンドローム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
晩酌のあては?
暑くなってくると、ビアガーデンで飲む機会が増えてくるのではないでしょうか?
最近は、駅近の場所で家族連れのお客さんが多くなってきているようです。
屋外で飲むとつい開放的な気持ちになり飲みすぎるということはありませんか?

一日の許容量は、ビールなら大ビン1本
           日本酒なら1合
           焼酎なら0.6合
           ワインなら1/4本です。

アルコールは肝臓で処理されますので肝臓の働きをサポートするようなおつまみがおすすめです。

        良質のたんぱく質を含む豆腐
        タウリンを含むいか、たこ、しじみ、かきなど

また、ビタミンを含む野菜もしっかりとりたいですね。サラダや煮物などもお忘れなく。
 
最近注目されているウコンも肝機能を高めます。カレー料理もおすすめです。

よくあるメニューである揚げ物は、食べすぎるとエネルギーのとりすぎになりますので気をつけましょう。





 


[2009/06/20 02:00] | メタボリックシンドローム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
一口で30回  よくかんで脱メタボ!
皆さんは食事の際、何回かんで食べているか数えたことがありますか?
最近の食べ物はしっかりかまなくても食べられるものが多いように思われます。

なぜ、よくかむといいのか。
  ①唾液が増えて、消化がよくなる。
  ②味覚が繊細になり脂っこいものはあまり食べられなくなり食事量の調節が自然にできるようになる。  (②は、徳州会新都心クリニック渡辺信幸院長より)
  ③脳にある満腹中枢が適度なところで反応して食べすぎを防ぐ。
(満腹中枢は、血糖値などを受けて食べるのをやめるように指令を出すところ。反応するには十数分から三十分くらいかかる。早食いすると満腹中枢が反応してブレーキがかかる前にどんどん食べてしまう。)

最近の人たちは、唾液の分泌量が減ってきているということも言われています。

一口で30回かむことは難しいかもしれませんが、肥満改善のためにも少しずつかむ回数を増やしてみましょう。かむ回数を増やす習慣が身に付いたら体重を測ってみましょう。よくかむ習慣をつけることで体重の減少が報告されています。




[2009/06/11 11:19] | メタボリックシンドローム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
禁煙にチャレンジ~電子タバコ
喫煙は、メタボリックシンドロームの発症リスクを高めます。
さらに、喫煙+メタボリックシンドロームは動脈硬化を引き起こしやすくなり、虚血性心疾患や脳梗塞へと進展してしまいます

保健指導では、対象者によってはタバコの話をする時間がないことがあります。
健康を維持するなら禁煙は行ってほしいのですが、長年の習慣でなかなかやめられないという声をよく聞きます。

最近、電子タバコというものがブームになっているようです。

形状はタバコと同じようで、煙の正体は、水蒸気。吸引すると同時に先端の赤色LEDが発光し、本当に火をつけて吸っているようにみえるもの。ニコチンやタールがなく、フレーバーがあるものも登場しています。なんとなくタバコを吸っている人、そろそろ禁煙しようかなと思っている人一度お試しになってはいかがでしょうか。
[2009/05/25 15:48] | メタボリックシンドローム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。