スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
保健指導事例  食事の量
保健指導をする際、対象者を知るために情報をできるだけ収集します。

男性に対しての保健指導の事例。

学生時代にスポーツをしていた人は、年齢が上がってもその時の食事の習慣が続いていて、食事の量が変わっていない場合があります。(40代でよく見られます。)
結果的に摂取エネルギーが消費エネルギーを上回り、肥満になってしまいます。

現在の食事量が多いなと思われる対象者には、過去のスポーツ歴やその時の食事量を確認してみましょう。

今の環境に見合った食事量を説明し、対象者に気づいてもらうことが重要です。
スポンサーサイト
[2009/07/08 11:50] | 特定保健指導 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<食べる順番 | ホーム | ランチをお弁当にしてメタボ解消>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://metabo357.blog114.fc2.com/tb.php/44-de9ac6f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。