スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
女性とアルコール
30代後半から40代の女性のアルコール性肝障害が増えてきています。

女性の社会進出が増加しているのに伴って飲酒の機会が増えているからでしょうか。

男性に比べると女性のほうがアルコールの代謝が弱いとされています。
(女性は男性の2/3の飲酒量と同じとも言われています。)

アルコールは適量なら   ストレスが軽減される。
                 善玉コレステロールが増える。

というメリットがありますが、飲みすぎには気をつけたいですね。

女性のアルコール依存症も近年増加の一途をたどっています。
男性よりも常習飲酒を始めてから短期間で発症します。

飲酒も週休2日にしたいものです。
スポンサーサイト
[2009/07/20 20:22] | トピックス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
睡眠がとれていますか?
蒸し暑い日が続いていますね。

みなさんの睡眠状態はいかがでしょうか?

糖尿病や高血圧の方は、眠れないと血糖や血圧のコントロールに影響すると言われています。

睡眠前に好きな音楽を聴く、軽くストレッチをするなど、リラックスできるといい眠りを誘うでしょう。

また、入浴は、ぬるめのお湯(38℃くらい)がリラックスできます。

蒸し暑くて寝苦しいときは、ケーキ屋さんなどでもらえる保冷剤をタオルに巻いて頭部を冷やすと少しは眠りやすくなるかもしれませんよ。

[2009/07/19 20:18] | メタボリックシンドローム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
食べる順番
みなさんは、食べる順番を意識されていますか?

「いただきます」をしてから一番にお箸をつけるのはどのメニューでしょう?

主食・主菜・副菜・汁物とあればどれから食べると食べすぎを防ぐことができるでしょう?

できれば、副菜や汁物から先にとると主菜や主食の摂りすぎを防ぐことができます。

副菜に含まれる野菜や海草、きのこ類は、食物繊維が豊富なので急な血糖値の上昇を避けることができます。また、汁物でお腹が膨らむので食べすぎを防ぐことができます。

食事量を急に減らせないと悩んでいる方は、食べ方をかえてみてはいかがでしょうか?

もちろんしっかりと噛んで食べることもお忘れなく…
[2009/07/18 20:18] | メタボリックシンドローム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
保健指導事例  食事の量
保健指導をする際、対象者を知るために情報をできるだけ収集します。

男性に対しての保健指導の事例。

学生時代にスポーツをしていた人は、年齢が上がってもその時の食事の習慣が続いていて、食事の量が変わっていない場合があります。(40代でよく見られます。)
結果的に摂取エネルギーが消費エネルギーを上回り、肥満になってしまいます。

現在の食事量が多いなと思われる対象者には、過去のスポーツ歴やその時の食事量を確認してみましょう。

今の環境に見合った食事量を説明し、対象者に気づいてもらうことが重要です。
[2009/07/08 11:50] | 特定保健指導 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。