スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ヘルシークッキングのポイント(2)
前回は、肉の部位によってエネルギーが異なるお話をしました。
今回は、調理法でのエネルギーの違いをみてみましょう。

牛もも肉(80g)167kcal を

ゆでる 151 kcal  熱湯からゆでるとうまみが逃げません。                                    網焼き  161kcal  余分な脂肪が網の下におちて、香ばしく仕上がります。                
蒸す   161kcal  
やさしい火のあたりが栄養分やうまみを抜けにくくしてくれます。               煮る   164kcal   長時間煮込むほど脂肪が溶け出します。浮き上がった脂はていねいに取りましょう。

また、調理器具の工夫でエネルギーを落とすことができます。テフロン加工のフライパンを使うと少量の油で OKです。






スポンサーサイト
[2009/03/27 08:33] | メタボリックシンドローム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ヘルシークッキングのポイント(1)
日々暖かくなってきましたね。天気の良い日には、家族や気の合う仲間とバーベキューで楽しみたいですね。バーベキューといえば、肉が主役という声が多いことでしょう。皆さんは、どんな肉がお好みでしょうか?
肉の種類や部位によってエネルギーが異なるのはご存じでしょうか?ではどのくらいの違いがあるかといいますと

   牛バラ肉80g    363kcal
   牛肩ロース肉80g 254kcal
   牛もも肉80g    167kcal   
      ちなみにご飯茶碗に1杯(150g)は252kcal

です。バラ肉は脂がのっていておいしいという人もいますが同じ量ではもも肉の倍以上のエネルギーがあります。少量のバラ肉を食べるかどうしても量が減らせないというなら部位を替えてみてはいかがでしょうか?もちろん肉の倍量の野菜もお忘れなく   
[2009/03/17 22:42] | メタボリックシンドローム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
食物繊維が摂れる一品
みなさんは、乾物を食べますか?乾物は、水分が少ない分、うま味や栄養素がギュッと濃縮されていますね。その上保存できるので買い置きしていると、あと一品ほしい時、買い物に行けなかった時に役立ちます。今回は、切干大根の簡単メニューをご紹介します。

CIMG0698.jpg切干大根とこんぶの和え物


切干大根   8g       ①切干大根は水で戻してから熱湯でさっとゆでる。
きざみこんぶ 3g      ②きざみこんぶは水で戻す。
                  ③ボウルに調味料を入れてよく混ぜ、①と②を和える
ポン酢     小さじ1    ④仕上げに白ごまをかける。                  
すりごま    小さじ1/2
だし汁     小さじ1/2

白ごま     小さじ1/4
[2009/03/11 22:17] | レシピ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
改訂!高血圧治療ガイドライン
このたび5年ぶりに高血圧治療ガイドラインが改訂されました。

内容は、今まで正常高値血圧の場合でも、メタボリックシンドローム等のリスクがあれば、生活習慣の修正を指導後1カ月以内に降圧されなければ、積極的な投薬治療がなされるというもの。
また、糖尿病、腎臓病、臓器障害、心血管病のリスクがあれば、直ちに降圧薬治療がなされます。

詳しくはhttp://www.jhf.or.jp/a&s_info/guideline/kouketuatu.htmlをご覧ください。
[2009/03/09 08:43] | トピックス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
小中学生のメタボ?!
小中学生の10人に1人以上が肥満で、さらに肥満児の約4割はメタボリック症候群といわれる。食生活の欧米化や運動不足が背景にある。肥満児のいる家庭では、親が率先して生活習慣を見直してほしい。

既に糖尿病などが見られるケースもあるが、現在そうでなくても20歳前後になって発病する危険性がある。 ファストフードの食べ過ぎや清涼飲料水の飲み過ぎ。これらの飲食物は、手軽なのでテレビを見ながら食べたり飲んだりしがちだが、これは最悪のパターンだ。
日常生活では、テレビやテレビゲームは1日3時間以内にして、運動を積極的に取り入れるべきだ。例えば、エレベーターやエスカレーターは使わないで階段を利用する。お使いは自転車ではなく歩いて行く。学校での休み時間は、運動場で遊ぶようにする。(神戸新聞 平成21年2月28日)
[2009/03/01 21:29] | メタボリックシンドローム | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。