スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ストレッチ
今週は、雨の日が続きますね。外に出て体を動かすのは難しいでしょう。
雨の中を無理にウォーキングしなくても、家の中でストレッチをしてみませんか?
テレビを見ながら、あるいは、好きな音楽を聴きながらなど ながらストレッチがおすすめです。

まずは、大きく深呼吸をしてみましょう。そして、息を吸って両手を組んで、吐きながらゆっくり上へ伸ばしてみてください。気分がすっきりしますよ。仕事の合間にすると能率UP
スポンサーサイト
[2009/02/25 08:01] | 運動 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ちょっと遠回り…
みなさんは運動をされていますか?保健指導の際に運動をされているか尋ねますが、「はい」という人は少ないように思われます。「時間がないから…」と言う働き盛りの人もいらっしゃいます。
メタボリックシンドロームを解消するには、食事の改善、運動を習慣づけることが効果的です。
運動というと身構えてしまいがちですが、少しずつ体を動かすように心がけるといいですね。
たとえば、通勤の際、歩くならいつも同じ道を歩かず少し遠回りをしてみる。ルートを変えることで何か新たな発見があるかもしれませんよ。
[2009/02/19 21:59] | 運動 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
メタボクイズ(2)
前回のクイズの答えです。

    正解は    ③ どちらも同じ です。

ごま油、オリーブ油ともに大さじ1で約110kcalです。

オリーブ油に70%~80%含まれているオレイン酸血液中のLDLコレステロール、つまり悪玉コレステロールを下げる働きがあることで知られています。
しかし摂りすぎるとエネルギー過剰になりますので気をつけましょう。
[2009/02/17 20:40] | メタボリックシンドローム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
メタボクイズ(1)
クイズです。

ごま油とオリーブ油、どちらのほうがカロリーが高いでしょうか?

              ① ごま油
              ② オリーブ油
              ③ どちらも同じ

答えは次回に…
[2009/02/16 21:11] | メタボリックシンドローム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
具だくさんのみそ汁
前回、野菜を摂取するメリットをご紹介しました。保健指導を行うと、野菜の摂取が少ない人が見受けられます。あと一品加えてみる、あるいは主菜にも野菜を使ってもらえるようにアドバイスをします。簡単なレシピを紹介することもありますが、まずは具だくさんのみそ汁をお勧めします身近にある野菜なら何でもOKです。たとえばキャベツの一番外側の葉も捨てずに使ってみましょう。エコにもなりますね。あとは、だしをとることでみその使用量も減らすことができて風味豊かなみそ汁に仕上がりますよ。
09-02-13_22-05.jpg
私は、毎朝みそ汁をつくります。にんじんを必ず使います。にんじんは、一年中出回っていて値段も安定しています。また、βーカロテンもたっぷりですよ。
皆さんも一度お試しください。
[2009/02/13 22:33] | メタボリックシンドローム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
野菜を食べていますか?
皆さんは一日に野菜をどのくらい食べていますか?
野菜は
食後の血糖上昇を抑え、血清コレステロールの増加を防ぎ、便通をよくする作用がある   食物繊維をたくさん含みます。    
☆ビタミン、ミネラルが豊富です。  
☆低エネルギー食品であるため食べ方を工夫すると食べ過ぎを防ぐことができます。
一日に野菜を350g食べるように勧められています。目安は、生の状態で両手1杯で約100gです。加熱した状態では片手1杯で約100gです。
09-02-11_22-01.jpgこの写真は、野菜350gの目安です。
次回は、食べ方などをご紹介します。
[2009/02/11 22:51] | メタボリックシンドローム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
特定保健指導
平成20年4月より特定健診・特定保健指導が始まっています。新しい制度は、健診を受けた人全員に対してリスクの数に応じて「情報提供」、「動機付け支援」、「積極的支援」という保健指導を医療保険者がおこなうということになっています。今までとは違い結果を出す保健指導が求められます。
[2009/02/09 21:43] | 特定保健指導 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
新しい特別用途食品制度
特別用途食品制度の見直しが行われています。人口の高齢化、栄養表示基準制度の定着、また病者用の食品を生活習慣病の予防に利用する人も増えていて状況やニーズが変わってきています。具体的な見直し内容は①対象食品の範囲の見直し、②対象者への適切な情報提供、③審査体制の強化となっています。②については、医師、管理栄養士等による適切な助言指導の機会の保障が盛り込まれています。新制度は、2009年4月からスタートする予定です。詳しくはhttp://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/iken/081024-1.htmlをご覧ください。
[2009/02/06 20:43] | トピックス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
内臓脂肪とメタボリックシンドローム(2)
内臓脂肪がたまっているということは、体の中で不都合なことが起こっているということになります。この内臓脂肪は、生活習慣の乱れなどにより蓄積されやすいのですが、食事の改善、運動不足の解消により減らすことができます。ちなみに、皮下脂肪は、すぐには蓄積されないかわりに減らすのも難しいです。内臓脂肪を減らすことで脱メタボリックシンドロームに挑戦
[2009/02/05 21:15] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
内蔵脂肪とメタボリックシンドローム(1)
私たちの体には、皮下脂肪内臓脂肪があります。どちらもエネルギーの貯蔵庫の働きをしています。内臓脂肪は、腹部の内臓を囲んでいる脂肪です。内臓脂肪が増えすぎると、この脂肪細胞から血糖や血圧を上昇させるホルモンが分泌されることがわかりました。これが、メタボリックシンドロームの状態です。そのまま放置すると、動脈硬化をおこしてしまいます。
[2009/02/04 07:26] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。