スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
平成21年度 特定健康診査実施率(速報)
先日、厚生労働省より、平成21年度特定健康診査の実施率等が発表されました。

前年度に比べて受診率は若干上がりましたが、また、半数以上の人が受診できていない状態です。

時間がない
体調に変わりはない
面倒だ

との理由で受診していない人がいると聞いたことがあります。

体調を崩してからでは遅い…

みなさんの中で、車を所有している人がたくさんいらっしゃると思いますが、
二年に一度、車検を受けますよね。
安全に走行できるようにということです。

私たちの体も変わりがなくても
一年に一回はチェックを受けて
メンテナンスしていくと
疾患を予防できることもあります。

とくに、働き盛りのみなさん、
さあ今から頑張るぞ~
といったときに
体調を崩して仕事から離れないといけない…
こんなこともあるのです。

ぜひ体検である健康診査を受けましょう。

厚労省より
実施率は40.5%。20年度は38.9%。


詳しくは
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000010ryg.html

スポンサーサイト
[2011/01/30 08:36] | 特定健診 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
35.9%
平成20年度の特定健診の受診率が35.9%でした。

皆さんはこの数字をご覧になってどのように感じられましたか?

5年目の特定健診受診率を70%にとの目標を掲げている厚生労働省。

平成21年度は受診率大幅アップという記事を来年の今頃には見たいものです。

今年度の健診は受けられましたか?まだの方は予定はありますか?

1年に一度は自分の大切な体を見直す機会をつくってみませんか?


[2009/08/05 20:32] | 特定健診 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
特定健診・特定保健指導
特定健診・特定保健指導という新制度になってから1年が経ちました。
国民の間にもだいぶん浸透してきたようです。

 なぜこの制度になったのかをお伝えします。

近年、生活習慣の変化等により糖尿病等の生活習慣病の有病者、予備群が増加しており、それを原因とする死亡は全体の約1/3のものぼると推計されています。(厚生労働省より)
加えて生活習慣病に関する医療費で国民医療費が圧迫されてきています。
 新しい健診制度は生活習慣を未然に防ぐことを目的とし、メタボリック症候群(内蔵脂肪症候群)該当者と予備群をふるい分けます。そして内蔵脂肪の蓄積に加えて血糖、血圧、血中脂質などのリスクの程度に応じて食事や運動などの生活習慣を改善するための支援である保健指導が行われます。
 厚生労働省では、2015年までにメタボリック症候群該当者と予備群を25%つまり4人に1人減らすという目標を掲げています。

 次回は、特定保健指導での管理栄養士の役割についてお伝えします。
[2009/04/04 11:32] | 特定健診 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。